ジャーマンカモミール

植物名
ジャーマンカモミール
科名
キク科
分類
一年草
別名
カモマイル、カモミーユ、カミツレ、カミルレ
学名
Matricaria recutita L.
利用部位、利用方法
花:薬用、美容、クラフト、ティー
説明
カモミール類には一年生のジャーマンと多年生のローマン、染色用で多年生のダイヤーズなど、属の異なる数種類が含まれる。マザーハーブとも呼ばれ、古代ギリシア時代から婦人科系の症状や美容に用いられる。Matricariaは子宮の意。ジャーマンに含まれる「アズレン」は優れた抗炎症作用があり、薬用や美容、染色、ポプリなどのほか、苦みの強いローマンよりもティーによく用いられる。ローマンもジャーマンと同様に用いられ、八重咲きの‘ダブルフラワー’や、グランドカバーに用いられる花の咲かない‘ノンフラワー’などの品種がある。