ルバーブ

植物名
ルバーブ
科名
タデ科
分類
多年生草本 
別名
ショクヨウダイオウ
学名
Rheum rhabarbarum L.
利用部位、利用方法
茎・葉:料理
茎・葉、根:クラフト・染色
説明
葉柄をジャムやゼリーなどに使用。整腸作用がある。葉柄の赤色程度は品種により異なる。葉身はシュウ酸を多量に含むため、食用にしない。近縁のモミジバダイオウ(Rheum palmatum L.)など数種が生薬の大黄(ダイオウ)に。